女性の目元

まぶたの厚みで決める

笑顔の女性

二重整形を成功させるためには、自分のまぶたに適した方法で手術を受けることが大切です。
というのも、まぶたの厚さによって適した手術法が異なるからです。
まぶたの厚さに適した整形方法を行うことで、理想の二重ラインが実現できます。

まぶたの脂肪が薄い人に適しているの整形方法は“埋没法”です。
埋没法は、まぶたを糸で固定することで二重ラインを作れます。
まぶたの脂肪が薄いと、糸を使って作る二重ラインの定着率がアップします。
埋没法はメスを使わずにできる手術です。
傷が目立つ、傷跡が残るなどの心配はほぼいりません。
口コミでも埋没法で効果を実感したという感想は多くあります。

ただ、まぶたの脂肪が厚い人には埋没法で効果が得られない可能性があります。
埋没法は糸で固定するため、まぶたが厚いと糸で十分に支えることができません。
まぶたの厚い人に適している整形方法は、切開法です。
この手術ではメスを使い、まぶたの脂肪を除去して縫い合わせることで二重ラインを作ります。
まぶたの脂肪が厚くても、メスで脂肪を除去できますので綺麗な二重ラインを手に入れられます。
切開法には、部分切開法や全切開法、目頭切開法と種類があります。
まぶたの状態、理想の形に合わせた方法で、どの切開法にするのか決めていきます。
経験豊富な医師であれば、的確なアドバイスをしてくれるため、そういった医師に手術を任せることが大切です。
切開法は、埋没法に比べるとダウンタイムが長くなります。
口コミでも、ダウンタイムが長いなどの記載があるはずです。
ただ、切開法は二重ラインの効果が絶大です。

まぶたの厚みに合わせ、埋没法にするか切開法にするか考える必要があります。
口コミを見てみると、「まぶたが厚かったから切開法にした」などまぶたの厚みでどんな方法が適しているのか確認ができます。
手術を受ける前に、口コミサイトで二重整形の口コミを見てみるのはいい方法です。
口コミの情報を参考に、医師と話し合いながら自分に適した手術法を選択することで理想の二重は実現できます。